Loading...
100種類の植物性原料
+
大學なまこ
太陽の恵みを
贅沢に使用
携帯しやすい 毎日続けやすい
スティックタイプのゼリーです
スッキリ柚子風味

美・酵素sunseallの3つのこだわり

体内では、大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類が作られています。
酵素を作る能力には限りがあり、消化で体内酵素を浪費すると、
わずかな代謝酵素で代謝を起こさなくてはなりません。
そして、加齢や生活習慣でも減少してしまうのです。そこで、植物酵素の出番です。
植物酵素が消化酵素を補うと代謝酵素が働きやすい環境となります。
創業、天保元年。「伝統」と「革新」のもと商いを続けてきた澤田酒造で
美・酵素sunseallの酵素はつくられています。
四代目当主で醸造学者でもあった澤田定司は、過酷な作業に従事する蔵人の健康を考え、
身近な野菜や果物を蔵に生息する酵母菌で醗酵させた発酵液を作りました。
これが「澤田酵素」のはじまりです。「澤田酵素」(植物醗酵エキス)は、
厳選した100種類以上の野菜、果実、山野草、穀類、海藻類を、
沖縄産の黒糖と酒蔵に生息する"蔵付酵母菌"で仕込み、
酒造りの技術を用いて醗酵・熟成させた植物醗酵食品です。
植物醗酵エキスには、素材そのもののエキス、栄養素、アミノ酸等が
醗酵とともに浸み出した有用物質が多く含まれており、
これらを摂取することで健康や美容に役立つと言われています。
監修

渋谷教授からのメッセージ

弘前大学では日本では珍しいナマコ研究センターを設立して、ナマコに含まれる機能性成分について解明してきました。ナマコは古くから、健康や美容のために用いられてきました。ナマコは体表が主にコラーゲンからなる体壁に覆われています。しかもナマコには、コラーゲンのアミノ酸以外に、様々なアミノ酸も豊富に含まれています。またその他の成分として、ナマコカロテノイド、ナマコサポニン、コンドロイチン硫酸などを含むことも明らかにしてきました。そのような効果があるナマコを、弘前大学との共同研究によって「大學なまこ」として製品化してきました。「大學なまこ」はこれまで私たちが行ってきたモニター調査でも利用者から高い評価を得ています。ナマコを皆さんに知ってもらい、健康のために利用してもらうことはナマコの研究に携わるものとして何よりの喜びです。


● ナマコの歴史はかなり古く、日本最古の歴史書である古事記に記載があります。
中国では乾燥させた「いりこ」として食材に利用するのが一般的で漢方薬として用いられています。
中国の言葉でナマコを指す「海参-ハイシェン」はナマコの強壮作用から海の朝鮮人参を意味しているそうです。

使用方法

商品名 美・酵素サンシオール
名 称 植物発酵エキス加工食品
原材料 植物発酵エキス(植物発酵物(加工黒糖、大根、人参、白菜、キャベツ、ゴボウ、れんこん、かぶ、たまねぎ、生姜、みょうが、ゆり根、ワサビ、もやし、ほうれん草、春菊、レタス、モロヘイヤ、ふき、ミズナ、小松菜、チシャ、チンゲンサイ、サラダ菜、みつば、にら、紫キャベツ、サニーレタス、パセリ、あさつき、めねぎ、セロリ、カリフラワー、ブロッコリー、スイカ、パイナップル、バナナ、メロン、イチゴ、ミカン、レモン、梅、ビワ、ブドウ、プルーン、スダチ、かぼす、かき、ナシ、パパイヤ、マンゴー、ユズ、食用菊、タケノコ、ずいき、うど、アスパラガス、かぼちゃ、きゅうり、しろうり、ナス、トマト、冬瓜、ゴーヤ、ニンニク、シシトウ、ピーマン、スッキーニ、おくら、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、椎茸、舞茸、えのき茸、シメジ、レイシ、コンブ、ワカメ、ヒジキ、アオノリ、モズク、アオサ、アカサ、アシタバ、オオバコ、カンゾウ、ドクダミ、クコ、スギナ、ウコン、マタタビ、ビワ葉、アズキ、クロマメ、インゲン、エダマメ、玄米、大麦、ハト麦、アワ、キビ、ヒエ、トウモロコシ、ゴマ、カシューナッツ、アーモンド)、加工黒糖、果汁(りんご、プルーン、オレンジ、ブドウ)、梅エキス(果糖ブドウ糖液糖、梅エキス)(国内製造)、ゆず果汁、黒糖、なまこ粉末、寒天/ゲル化剤(増粘多糖類)、(一部にバナナ・大豆・リンゴ・オレンジ・ゴマ・カシューナッツを含む)
内容量 7g×60包(420g)
価 格 定価15,000円+税
会員価格 12,000円+税

LINE@

最新情報を配信中